ABOUT US

会社情報

代表者メッセージ

当社代表取締役社長、木村吾郎からのメッセージです。

真実一路、確実なる前進。Be sincere in business, make steady progress.

カツヤマキカイ株式会社は、機械専門卸売業と柔軟な技術対応力を持つ製造業を一体化した、汎用運搬技術のトータルプロデュースを主力事業とするグローバル対応型企業です。産業機械や機械工具の豊富な取り扱いに加え、あらゆる運搬技術にお応えできる技術を有しています。

カツヤマキカイの前身は、1923年に東京都京橋区銀座で創業した「勝山商会」です。1946年に商人の街「大阪」の地に事業の中心を移し、1961年に株式会社化されたのを機に、当時では珍しい全カタカナ表記の「カツヤマキカイ」に社名を変更。世界に誇る日本の技術の粋を極めた多くの国内仕入先メーカー様に支えられ、機械工具卸売商として「真実一路、確実なる前進。」の精神で現場密着型の営業活動を実践して参りました。

日本の経済成長と共に歩んできた当社は、卸商社としての役割を遂行しながらも運搬技術の分野に注目。エンドレスウインチの代名詞「チルホール」の取り扱いを開始し、続いて電動エンドレスウインチ「EW-WINCH」を自社開発しました。その結果、高所作業が必要な現場で200mを超える超高揚程を実現した技術が世界で認められ、各国の超高層ビル等に加え、東京スカイツリーや風力発電システムのメンテナンスなど、特殊建築を含む様々な分野の垂直搬送で注目を浴びている他、コンサート会場・劇場などの大型照明、音響機材や特殊トラスの吊り上げにも対応しています。

重量物の地上搬送システム分野では、造船所や自動車産業の製造工程、宇宙ロケットの本体組立現場における移動台車装置、大型旅客機の組立工程、空港地上支援機器、航空機格納庫の大型コンクリート扉の開閉装置、大型衝突実験機といった多彩な現場で活躍。特に橋梁技術分野では、橋梁移動のみならず大型屋根の建設、文化財補修作業の現場などで数多くの実績を誇っています。

このように当社の運搬技術の対応領域は極めて広く、選択肢も豊富で、単一メーカーには求め難い「垂直空間搬送と地上搬送の複合技術」に設計・製造の両面で対応できるのが強みです。

前身の勝山商会から数えて90年、本格的な創業からも70年近く経った今日。おかげさまで「世界のランドマークが名刺代わり」になるほど数多くの実績を、世界各地で積み重ねています。

さて、世界経済が激動する中でさらなる「Move & Challenge」へ。
2012年、カツヤマキカイは関係会社の株式会社チルコーポレーションを事業吸収し、「エンジニアリング事業部」として再編。2013年、本格的な製販一体型体制を海に囲まれ緑豊かで国際化の整った美しい国際都市の神戸市中央区に集約し、歴史と信頼に裏付けられた本物の技術と総合力を武器に、世界中の様々な現場のニーズにお応えします。
そして近未来を担う世界中の子供達に、自分達の後姿を誇れる様な事業活動をしたいと考えています。

カツヤマキカイ株式会社代表取締役社長 木村吾郎